稼げるホームページになっているか? 【無料診断】ホームページ適切度チェック

稼げるホームページには、きちんとしたロジックがあります。

 

かっこいいホームページが適切な業種もあるでしょうし、文字だらけのwebこそ適性だという業界もあります。あるいは、画像が命、という業界もありますから、あなたの売り上げ作りのためには、どんなwebが大切なのかを、よく考えなくてはいけません。

 

<<残念な状況にある、ホームページの7つの共通点>>
□ ホームページを制作しようという時に、そのホームページの「目的」「役割」や「期待」する「効果」を、会社の全体像から具体的に決めなかった。


□ どんなホームページを制作するのが適切なのかを、制作前に、勉強をしたり、競合会社のホームページの研究をほとんどしていない。

□ ホームページ制作に際して、事前に、適切な「予算」「役割分担」「制作スケジュール」を決めていなく、行き当たりばったりで制作を始めた。

□ 制作会社に、具体的で、かつ十分なレクチャーをしないまま、丸投げした。

□ コピーライト(原稿制作)を社外に任せてしまった。

□ 完成後のホームページの運営、例えばSEO対策や更新作業などについての方針を決めないまま、制作してしまった。

□ 完成後のホームページの全然「世話」をしていない。

 

 

<<うまくいっている、ホームページの7つの共通点>>

◎□ホームページを制作しようという時に、そのホームページの「目的」「役割」や「期待」する「効果」を、会社の全体像から具体的に決めていた
◎どんなホームページを制作するのが適切なのかを、制作前に、勉強をしたり、競合会社のホームページの研究をたくさんした。
◎ホームページ制作に際して、事前に、適切な「予算」「役割分担」「制作スケジュール」を決めてて、ほぼその通りに進行して制作した。
◎制作会社に、具体的で、かつ十分なレクチャーをしてから、制作が始まった。
◎コピーライト(原稿制作)を社内で行った。
◎ 完成後のホームページの運営、例えばSEO対策や更新作業などについての方針を決めて、制作した。
◎完成後のホームページの全然「世話」を定期的にしている。

 

 

いかがだったでしょうか。

実は、多くの中小企業ではホームページの担当者を置いていない会社がほとんどです。

担当者がいたとしても、「総務だから」とか「あいつは、パソコンに強いから」と根拠の薄い理由で決められていて、その担当者は、まさに、自分の本職が暇だった時で、気が向いた時、何か思いついた事をwebに関してちょっとやってみたりと、片手間で、やっつけているのが現実です。

 

「片手間」で、いいのでしょうか。

片手間なのに、求める「欲」だけはご立派になっていないでしょうか。
上手くいっているホームページを観察してみたら、すぐに解ることがありますから、今死んでいるあなたのホームページを生き返らせたいというなら、是非、上手くいっているライバル会社や目標としている会社のホームページを、時間をかけて、観察してみて下さい。

 

 

コンサルティング指導を受けて、売上が伸びるクライアントの共通点
弊社のコンサルティング指導をお申込みいただいて、それぞれの売上目標に到達する確率は、おおむね9割です。
この成果をつかんでいる方々には、ある共通点があります。
もし、こんなのは無理だなと、思われましたらお金がもったいないので、お申込みされないでください。
成果をつかむ人の共通点
 
・「学ぶ」と決めている。
・素直である。
・素早い。
・よく考えている。
・頑張れる。
・「捨てる」選択ができる。
・健康に気遣っている。